ペットがガンになった場合の治療方法

犬がガンになった場合にガンの進行を抑える食事に切り替えてみよう

2016年09月26日 17時04分

食事を工夫することでガンの進行を遅らせることも可能です。
今回は食生活で気を付けて欲しいポイントをご紹介します。
 
ガンと言いますと、どうしても原因が不明で、なってしまったのは運が悪いと思ってしまうかもしれません。
ですが実際は普段の食生活と密接に関係があるとも言われています。
だとしたら、食生活を改善することでガンの進行を止めることもできるのです。
 
犬や猫などペットでも人間でも同じで、栄養が偏ってしまった食事は百害あって一利無しです。
必要以上の油の摂取は発がん性を高めてしまいます。
ガンの治療にもブレーキをかけてしまいます。
とりわけ、愛犬のガンが進行中の場合は次のようなことに注意をするといいでしょう。
 
  1. ジャーキーなどのジャンクな油の食べ物は控えましょう
  2. 糖分が少なめのもので、タンパク質が多い食事に切り替えてください
  3. レシピにバリエーションを持たせることによって愛犬の食欲を高めましょう
  4. サプリメントを取り入れてガンの進行を遅らせるようにしましょう。
 
愛犬のガンにとって最も悪い食材は炭水化物などの糖分であると言われています。
食事を与える場合は、糖分・穀物類が少なくすることを意識してください。
タンパク質が多く含まれるものを選ぶといいでしょう。
ガンに負けない免疫力が付くと言われています。
 
愛犬がガンなったら共通することが食欲を落としてしまうことです。
これは飼い主にとっても悩みの種になってきます。
そんな場合は無理をさせないように食べさせてあげましょう。
レシピを工夫することで食欲がでることもあります。
また栄養補助という目的でサプリメントを投与することも有効です。
 
とりわけサプリメントはプロポリス配合のもがいいでしょう。
ガンの進行を遅らせてくれると人気の商品です。
早期に治療してあげたいならば候補のひとつにあげてみてください。